INTERVIEW

オデッザ×ゴールデン・フィーチャーズ、ブロンソン処女作に寄せて…クレイトン・ナイトにインタビュー

グラミー賞ノミネート経験を持つオデッザと、ダンス進国オーストラリアはシドニーの雄ゴールデン・フィーチャーズによるユニット:ブロンソン。 (ある世代にとってはかもしれないが)なんとも雄々しい名前とは裏腹に、そこはかとなく耽美で深淵なるその音楽性は新たなダンスミュージックの地平を覗かせる。 それだけにますます...

TREKKIE TRAXはいかにして生まれ、2020年代をサバイブするのか…【後編】

2012年の発足以来、着実に歩を進め、今や東京を代表するレーベルへと成長したTREKKIE TRAX。さらなる飛躍が期待される彼らにその歴史を振り返ってもらいつつ、未来への展望を訊く。 混沌とした気配が漂う2020年代、TREKKIE TRAXが見据える視線の先にあるものとは……。 前編に続き、TREKKI...

TREKKIE TRAXはいかにして生まれ、2020年代をサバイブするのか…【前編】

2012年の発足以来、着実に歩を進め、今や東京を代表するレーベルへと成長したTREKKIE TRAX。さらなる飛躍が期待される彼らにその歴史を振り返ってもらいつつ、未来への展望を訊く。 混沌とした気配が漂う2020年代、TREKKIE TRAXが見据える視線の先にあるものとは……。 TREKKIE TRAX...

すべては日本のシーンの未来のために…DJ AKiが語る06S FINALへの思い

2020年1月11日、日本のドラムンベースシーンを牽引してきたひとつのパーティが幕を下ろす……その名は「06S」。 すでにそのファイナルの全貌は明らかになり、海外からはサブ・フォーカスにオーディオ、そしてディザスタと錚々たる顔ぶれがフィナーレを飾るべくエントリー。国内からも19年前のスタート以来、レジデントとして...

東京をモチーフとした新作「After Tokyo」を発表したLowheadsにインタビュー!

2015年にStrictly Rhythmからデビューして以降、NY特有のファンキーなディスコサウンドとアフロビート、さらにシカゴハウスを融合させたサウンドで一躍注目を集めたイタリアン・ハウスデュオ:ロウヘッズ。 グルーヴ・アルマダによる「Fabric」シリーズへの楽曲提供やルイ・ヴェガのグラミーノミネート作に収...

平成から令和…その瞬間にTJOが選んだ曲は…新時代のメモリアルアンセム誕生か!?

2019年5月1日、時代は“平成”から“令和”へ。その記念すべき瞬間には日本全国が歓喜に沸いた。 4月30日には多くのクラブでカウントダウンパーティが開催されるなか、六本木SEL OCTAGON TOKYOではフェデ・ル・グランドを迎え、フロアは終始大盛況。 しかし、そこで平成から令和へと移り変わるメモリアルな...

スタアパ6年振りの新曲リリースで注目集めるN.E.O.N、その全貌に迫る!

いよいよ本格始動した新時代のアジアンコミュニティによるカルチャープロジェクトレーベルN.E.O.N。 5月10日(金)には、第一弾作品となるSTUDIO APARTMENTの6年振りの新曲“Shoulder”のリリースを控えるなか、今回は同プロジェクトの代表である伊藤正勝氏とディレクターとして参加するSTUDIO A...