INTERVIEW

Looking Back to 2015〜Jamie Jonesが選ぶ2015年ベストディスク&ベストアクト〜

ハウス〜テクノ・シーンで絶対的な存在感を示し、自身のDJとしての活動だけでなく、バンド:ホット・ネイチャードではUKチャートを席巻。 もはやアンダーグラウンドのみならず、オーバーグラウンドにまで大きな影響を与える男、ジェイミー・ジョーンズが選ぶ2015年のベストトラックは? そしてベストアクトは?

Looking Back to 2015〜TJOが選ぶ2015年ベストディスク&ベストアクト〜

常に現場に根ざし、クラブ、そして数多くの国内フェスでプレイ。その稼働率は現役DJの中でも屈指の存在であるTJO。 日本のシーンを盛り上げるべく獅子奮迅の活躍を見せてきた彼の世界での活躍を祈願しつつ、今回は2015年の彼のトピックをプレイバック!

音楽の深淵を探る旅は終わらない アンドリュー・ウェザオールの30年|後編

約30年もの長きにわたりUKアンダーグラウンド・シーンを見つめてきたDJ/プロデューサー、アンドリュー・ウェザオール。 そんな彼が自身の名義で7年ぶりとなる最新アルバム「Convenanza」をリリース。さらに4月には来日公演も控えているこのタイミングで独占インタビューを敢行! 先日公開した前編では、彼...

Looking Back to 2015〜KO KIMURAが選ぶ2015年ベストディスク&ベストアクト〜

気がつけば30年。 長きに渡り日本のダンスミュージック・シーンを牽引してきたKO KIMURA。そのキャリアに裏打ちされたスキル、そして独自のセンスは、今も燦々と輝き続けている。 そんな彼が記念すべき年に選んだベストトラックは、いかにもKO KIMURAらしい、現場に根ざしたチョイスとなった。

Looking Back to 2015〜KSUKEが選ぶ2015年ベストディスク&ベストアクト〜

2015年は活動の拠点をアメリカ・ラスベガスへと移し、マイアミの『ULTRA MUSIC FESTIVAL』をはじめワールドワイドな活躍を見せたDJ、KSUKE。 日本でも『ULTRA JAPAN』の他、様々なフェスやイベントに出演し、新作『Weightless』をリリース。 次代のシーンの旗手として活躍した彼が2015年を振り返る。新たな高みへと歩み始めたKSUKEが、そこで見たもの、感じたものとは……。

Looking Back to 2015〜沖野修也が選ぶ2015年ベストディスク&ベストアクト〜

アーティストとしての活躍はもちろんのこと、2015年は新たなプロジェクトKyoto Jazz Sextetのプロデュース、そして執筆業、自伝の出版。 さらには『官邸前DISCO』への参加をはじめとするポリティカルな活動も際立った沖野修也。 もはや、いちアーティストとしての枠組みを超えた彼は、2015年をどう見たのか。

Looking Back to 2015〜Satoshi Tomiieが選ぶ2015年ベストディスク&ベストアクト〜

2015年は、約15年ぶりとなる新作「New Day」をリリースし、世界中に改めてその名を轟かせた日本が誇るトップ・アーティスト、Satoshi Tomiie。 そんな記念すべき年の総括もさることながら、アルバムからのフィードバックをもとに、彼の脳裏にはすでに2016年のビジョンも広がっているようだ。はたして...

Looking Back to 2015~DJ NOBUが選ぶ2015年ベストディスク&ベストアクト~

日本が誇るアンダーグラウンド・パーティ『FUTURE TERROR』での活躍もさることながら、2015年はとりわけ海外での活動が盛んで、なにより本邦のアーティストで最も高い評価を受けたDJ NOBU。 ドイツの超名門クラブBerghain、そしてオランダ最大級のダンスミュージックの祭典『ADE』でプレイし、その姿を目撃した世界中様々なダンスミュージック・メディアで大きな話題に。 ひいては“この惑星で最高のDJのひとり”とも称された彼。 そんなDJ NOBUに、大きな飛躍を遂げた2015年を振り返ってもらった。