LATEST POSTS

弱冠24歳にしてすでに伝説! アヴィーチーの偉業をプレイバック!!

アヴィーチーの来日を記念し、これまで彼が成し遂げてきたダンスミュージック・シーンでも稀に見る偉業の数々をダイジェストで紹介。24歳にしてすべてを成し遂げた稀代の成功者、アヴィーチーはホントスゴい!     1.iTunesでは全世界70カ国で1位 とにかくセールスがスゴい! 昨年リリースさ...

逗子海岸を沸かせる音霊が幕張で一大ビーチパーティを開催!

2005 年のオープン以来、日本におけるビーチパーティのメッカとして毎年逗子海岸を沸かせてきた音霊 OTODAMA SEA STUDIO。 10年目を迎えた今年からは場所を鎌倉由比ガ浜へと移し再び暑い夏を盛り上げてきたが、 このたびそんなOTODAMA 主催のもと、その総決算となる一大ビーチパーティが幕張に...

レコード熱再燃! 在りし日の名曲に出会えるHMVの新機軸

HMVが中古レコードの販売に乗り出した。洋楽全盛期といわれる60年代~90年代の作品をはじめ、バイヤーがアメリカやイギリスなど世界で買いつ けた名盤・レア盤を中心に、約80,000点が揃う「HMV record shop 渋谷」が8月2日(土)にオープンした。 お店は2フ ロアあり、1Fは洋楽ロックと洋楽に影響を...

砂漠のアート・フェス、バーニングマン日本語ガイドブックが発売!

毎年8月下旬にアメリカ・ネバタ州の砂漠(ブラック・ロック・デザート)で開催される『バーニングマン』をご存知だろうか?「No Spectators(傍観者になるな)」を合言葉に、参加者全員で砂漠のド真ん中に街を創り上げていくDIY精神全開のフェスティバルだ。例えば、お店 や寺院、郵便局なんかも参加者による手作りだし、デコ...

Jディラの遺志を継ぐ幻の作品集『The Diary』がリリース

2006年に死去したプロデューサー兼ラッパーのJディラの幻の遺作。 彼の死後も数々の未発表曲が発売されたものの、本作はとりわけ生前のディラ自身がリリースを望んでいたという意欲作。 本来であれば2002年に発表する予定だったものがお蔵入りされていた作品で、基本ディラがマイクを握り、マッドリブやピート・ロックら錚々...

ネット時代の寵児スパズキッドが本名でデビュー。マーク・レディート『KRISTA』

スパズキッドの名で知られ、フィリピン生まれでロサンゼルス活動拠点とするプロデューサー、マーク・レディート。 tofubeats、ケロ・ケロ・ボニトなど、今のシーンをカラフルに彩る人気アーティストにリミックスを提供するなどPCミュージック界隈ではおなじみの人物。 卓越したセンスで日本人好みなポップスを聞かせる手腕...

“Harlem Shake”をバズらせた男バウアーがファーストアルバム「Aa」をリリース

アデルの前に週3000万再生を3週間続けた最初のアーティストで、ブルックリン出身のポルトガル人プロデューサー、バウアーことハリー・ロドリゲス、その待望のファーストアルバム。 ハドソン・モホーク、ラスティ、RL・グライムをはじめ数々のアーティストが自身のセットリストに組み込んでへヴィープレイしているというお墨付き。...

UKソウルグループ:サブモーション・オーケストラが挑む新たな領域『Colour Theory』

ロンドン発のエレクトロニック・ソウル:サブモーション・オーケストラの通算4作目。 彼らの才能にはジャイルス・ピーターソンやジェームス・ブレイクも惚れ込み、ポストダブステップ界隈では話題になった彼らだが、現在はそこからさらに進化し、ベース・ソウル〜ディープハウス〜フューチャリスティック・ジャズなど幅広い音楽性を独自...

YouTubeに投稿された人々の“声”にフィーチャーしたエレクトロニカ『Potential』

NY出身のトラックメーカーが放つコンセプチュアルな作品集。 本作でサンプリングされた様々なボーカルやボイス・サンプルは、いずれもYouTubeに投稿されたもののみで、音質も不揃い。それがビート〜エレクトロニカ系のトラックに乗ることで、奇妙な立体感が生まれる。 The Range 『Potential』 ...

才女が紡ぐ示唆に富んだ作品集。ファティマ・アル・カディリ『Brute』

UNO NYC、FADE TO MINDなどで注目を集めてきた才媛、ファティマ・アル・カディリ待望のセカンドアルバム。 「権力」や、「警察、特にアメリカにおいての市民と抗議・反対運動の関係性」をテーマにしており、刑務所に関する“Oubliette”、武力の脆い境界線を訴える“Battery”など、熱いメッセージに...