NEW

新たな時代を築くフライング・ダッチマン|ダンス大国オランダの今①

総人口約1600万人、総面積は約4万1526㎢(九州よりやや大きい程度)と国家としては小国とも言えるオランダ。 そんなオランダは、ことダンスミュージック・シーンにおいて現在世界の最高峰といえるだろう。 DJ MAG TOP 100 DJsを見れば、首位のハードウェル、3位にアーミン・ヴァン・ブーレン、4位にマー...

EDM界を席巻する若き帝王 ハードウェルが王者たる所以

2013年に史上最年少でDJ Magランキングの1位を獲得し、翌2014年も首位に選ばれた現王者ハードウェル。 そんな彼が打ち立ててきた輝かしい記録、偉業を紐解いてきたハードウェル特集第一弾に続き、今回は、彼を象徴するビッグアンセムと『Ultra Japan』で見せた至高のプレイを手がかりに、ハードウェルの本質に...

日本初上陸のEDMフェスを徹底解析!NY発『electric zoo』とは?

NY発、世界最大級のEDM フェスティバル『electric zoo』の日本上陸が決定し、その第一弾ラインナップが本日発表された。そこでFLOORでは、いま話題沸騰中の本フェスティバルを徹底解析! 本国の『electric zoo』の魅力、そして本日発表された日本版『electric zoo beach Toky...

類い稀なるアビリティを持つ新世代DJ、YAMATOインタビュー

DJをはじめて4年とは到底信じられない圧倒的なスキルで、世界に羽ばたく者がいる。 DJコンテスト「burn World DJ CONTEST 2013 supported by block.fm」で優勝し、日本チャンピオンとして参加したイビサのグローバル・ブートキャンプでは世界の強豪たちと相見えながらも、その類い...

世界が認めたNo.1DJ ハードウェルの驚愕のキャリアとは

EDMシーンの爆発的な拡大は、綺羅星の如きDJたちによる群雄割拠の時代を作りだした。 たとえば、EDMムーヴメントの火付け役となった最大の功労者にデヴィッド・ゲッタや、ムーヴメントをさらに推進させたアヴィーチーやカルヴィン・ハリス、アフロジャック、スティーヴ・アオキやゼッドといったスターたち。そんな彼らの中で、現在頂点に君臨しているのが、ハードウェルである。

ZOUKOUT出演VJが見た”クルー化”するステージ演出

アジア圏内のクラブの中でも、とりわけ国際的に評価が高いクラブ:ZOUKが主催するビーチでの野外フェス『ZOUKOUT』。 毎年進化する多面LEDのレイアウトやシンガポールならではのエキゾチックなオブジェ、ピークタイムに上がる花火など、まさに一時も目が離せないフェスティバルだ。 さらに2014年はEDM界を代表す...

世界のチャートから紐解く2014年の音楽事情

|1| 主要音楽メディア編 1年を振り返ると、やはり才能あふれる新しいアーティストからベテランまで実に良作が多かった2014年。年末ともなると、各音楽専門メディアが趣向を凝らした2014年度の各種音楽ランキングを発表しており、音楽ファンを楽しませてくれている。 今回はFLOOR編集部が独断と偏見で選んだ海外...

第57回グラミー賞候補から見えたもの

音楽業界のアカデミー賞とも称される、アメリカで最も権威のあるアワードのノミネート作・アーティストが発表された。 昨年はダフト・パンクが最優秀レコード賞&最優秀アルバム賞の両方を獲得したが、最優秀レコード賞には イギー・アゼリア feat.チャーリーXCX “Fancy” シーア“Chandelier” ...

アーミン・ヴァン・ブーレンにディプロまでelectroxを徹底解析!

前回にもまして豪華な顔ぶれが集まった「electrox」。 もはやダンスミュージックに特化したフェスでは本邦随一と言えるそのラインアップ。 しかも、EDMに特化しながらそれだけに捕われることなく、様々なダンスミュージックが一同に楽しめるのもこのフェスの大きな魅力。 ここではそのラインナップの中から、特に注...

Hyperdub特集4: 故・DJラシャドの意志を継ぐスピンの来日が決定

突然の訃報が届いたのは、4月27日だった。 2013年にHyperdubより「Double Cup」をリリースし、音楽シーンを席巻したジューク~フットワークのレジェンドであるDJラシャドが35歳という若さで他界した。 ジューク~フットワークが世に出て、これからどんな進化・変化を遂げるのか、既存のジャンルとどうい...