NEW

クリエイティブディレクター:小橋賢児とともに振り返る『ULTRA JAPAN 2015』

いくつものハイライトを生み、大盛況に終えた『ULTRA JAPAN 2015』。 その裏側にあった出来事、そして真実とは……? 開催直前に行われた対談に続き、『ULTRA JAPAN』のクリエイティブディレクター:小橋賢児とに本誌編集長:芹澤直樹が改めて語り合う。 本祭を終え、いま感じること。ほかでは語られることのない『ULTRA JAPAN 2015』のエピソードがここに。

DJMAGランキング2015から読み解くEDMシーンのいま

今年も発表されたDJ MAGの世界人気DJランキング。 本項では、賛否両論騒がれる新王者ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクの勝因とこのランキングから考えうる今後のEDMシーンのトレンドを読み解いてみようと思う。

アーティスト、演出作家、クリエイターたちが観たULTRA JAPAN 2015 前編

今年も大成功を収めた『ULTRA JAPAN』。では、実際に出演していたアーティストたちはどんな思いでステージにあがり、そこで何を感じたのか。 編集部では、本祭に出演したDJ をはじめ、LJ にVJ、さらにはダンサーの方々にインタビュー。その模様を前後編に分けて紹介していく。

「ULTRA JAPAN」で感じた、フェスのまた違った楽しみ方〜ブース編〜

昨年を超える盛り上がりを見せていた今年の「ULTRA JAPAN」。会場でよく見かけたのがスマホを片手にセルフィーするお客さんたちの姿。 いまやフェスでは当たり前の光景だが、そんな人たちに向けて他とは違うちょっと面白い取り組みをしていたのがレノボブースだ…。

スクリレックスが『ULTRA』で見せた“音楽×エンターテインメント”の究極の形

ニッキー・ロメロ、DJ スネークなど名だたるトップアーティストが出演した『ULTRA JAPAN』の2日目。 その大トリを飾ったスクリレックスのパフォーマンスは、3日間のなかでも傑出したものだった。 ハウス~トランスとは異なるサウンドをメインにしながらも、凄まじい興奮と感動を生んだパフォーマンスを振り返る。