NEW

伝説再び……8年の月日を経て『Solstice Music Festival』が復活!

1990年代後半から2000年代にかけて巻き起こった一大潮流、それがサイケデリック(ゴア)トランス・ムーブメント。 もともとは1990年代にインドのゴアで生まれたこのサウンド。 トランスの高揚感に加え、より民族的な要素や呪術&ヒッピー的なテイストを取り入れ、なおかつ陶酔感も3倍増し。 とにかくホリックなそ...

プロディジー、マリリンマンソン、クルーウェラ!個性溢れるソニマニ出演者がヤバい!

アジア最大級の真夏の音楽祭『サマソニ』の前日に開催される『ソニマニ』。 ダンスミュージックに特化したこのイベントには、今年も本編にひけを取らない豪華なアーティストたちがラインナップ! 計3ステージに、国内外から総勢15組のアーティストたちが参加し、それも超ベテランから若手までととにかく幅広いことこの上なし。 しかも、ジャンルもEDMからハウス〜テクノ、そしてダンス・ロックにエレクトロ・ポップまで、普段は見ることのできない組み合わせが実現。

“DJはライヴより劣るのか?”その答えがここに。価値観を覆すゼッドが再び!

「DJは、ライヴより劣る」そういった風潮もかつてはあった。 EDMシーンの寵児、ゼッドの単独来日公演で目にした光景の数々は、そんな懸念を取っ払ってしまうパワーがみなぎっていた。 6月4日の出来事は“音楽の価値”の変動か? 「サマソニ」で再来日が決定しているゼッドの偉業を改めて振り返る

日本初上陸の世界一美しきフェス「Sensation」、その出演者がいよいよ発表!

日本初上陸の世界一美しきフェス『Sensation』 その第一弾出演者がいよいよ発表! 世界最高峰のセットと演出。もはやフェスの枠組を超えた一大エンターテインメント。 そんな『Sensation』が遂に日本上陸とあって、7月に発売された早割のチケットは、発売からわずか1分で即完売! まだラインナップが誰ひとり発表されていないにも関わらず……。 恐ろしいほどの人気だが、このたびいよいよ第一弾の出演者が発表!

シーンの未来を担う若き日本のハウスDJたちへ……世界のサトシ・トミイエからの提言

日本人として最初に世界で成功を収めたハウスDJ・プロデューサー:SATOSHI TOMIIE。 ハウスのゴッドファザー:フランキー・ナックルズに見初められ、Def Mix Productionsの一員として90年代のハウス・シーンを牽引し、今なお第一線で活躍する彼が、約15年ぶりとなるセカンド・アルバム「NEW DAY」をリリースした。 インタビュー前編に続き、今回はそんな本作について聞くとともに、日本のハウス・シーンの未来について語ってもらった。

開催間近『サマソニ』、ファレルにケミカル、ゼッド……最高の胸熱ラインナップが実現

今年も8月15、16日に東京、大阪で同時に開催されるアジア最大の真夏の祭典『SUMMER SONIC(通称:サマソニ)』。 今年の出演者たちはとりわけヤバい! とにかく今観たい! 聴きたい!! 踊りたい!!! と三拍子揃った激アツなアクトが勢揃い。 そんな計100組以上にものぼる出演者の中から、FLOORが選んだ注目アーティストをフィーチャー! ファレルにケミカルにゼッドに……、間近に迫った『サマソニ』の見所をぎゅっとまとめてお届け!

「僕の目は新しいジェネレーションに向いている」YOJI BIOMEHANIKA再始動の真意

そのハードな音楽性とスタイル、圧倒的存在感を持って世界を蹂躙したYOJI BIOMEHANIKAがシーンへと帰還。 テックダンスを提唱したYOJI時代を経て、彼が再びYOJI BIOMEHANIKAとなったその理由、その意義とは何か。 約14年ぶりとなる待望の新作「Chapter X」をリリースしたYOJI BIOMEHANIKAにインタビューを決行。

『ULTRA JAPAN』一挙12組が決定!出演アーティスト徹底解剖第二弾!

今年は、9月19日〜21日にかけて3日間開催される『ULTRA JAPAN』。待望の第二弾出演アーティストがいよいよ発表された。 このたび出演が決定したのは、ヘッドライナーにアフロジャックとアレッソ!(すでにアーミン・ヴァン・ブーレン、デヴィッド・ゲッタ、ニッキー・ロメロ、スクリレックスの4名は発表済み) ...

新作発表&フジロック参戦のハドソン・モホーク “EDMが嫌いって…!?”

スクラッチバトルの世界最高峰:UK DMCチャンピオンを経て、名門レーベル:Warpからデビュー。 DJ、プロデューサーとして、誰もが羨む華々しき経歴を持つハドソン・モホーク。 そんな彼が、世界中から賛辞を浴びた処女作「Butter」から6年、待望の新作「Lantern」をリリースした。 前作での評価のもとカ...