Squarepusher

so_main

世界中で話題沸騰中、スクウェアプッシャー率いるショバリーダー・ワンが遂に来日!

奇才スクウェアプッシャー率いるバンド、ショバリーダー・ワンが最新アルバム「Elektrac」を携えいよいよ来日! スクウェアプッシャーといえば、テクノ〜ドラムンベースにハードコア、ひいてはジャズ……約20年にも及ぶキャリアの中で音楽性が常に移り変わりつつも、そのどれもが一級品。どんな音楽をやらせてもクオリティはハ...
fujirock_main

開催直前特集、『フジロック』を揺らす9組のダンスアクトたち

新潟県・苗場スキー場で開催される真夏の音楽フェスティバル『FUJI ROCK FESTIVAL』。 いよいよ7月22日〜24日に開催が迫るなか、今年は節目となる20回目を迎えなんとも豪華な出演者がラインナップされているが、ここではダンスミュージック系の注目アーティスト9組をピックアップ。 日本でも絶大な人気...
360_main

ビョークやアヴィーチーも注目!クルクルめくるめく360°ミュージックビデオの世界

いまやミュージックビデオ(MV)やライヴ動画も360°時代。 昨年3月にYouTubeが360°動画に対応して以降、様々なアーティストが続々と魅力的な動画を配信中だ。 これまでの動画はあくまでひとつの視点、一方向&一画角だけでしか見られなかったが、この360°動画はスマホやタブレットがあれば、本体を上下左右に動...
abrdone

スクエアプッシャーのバンドプロジェクト、その全貌が明らかに……

LEDヘルメットを光させながら楽器を操り、超絶技巧のプレイを披露する謎の4ピースバンド。 この映像に映る彼らこそ、奇才スクエアプッシャー率いるバンド:ショバリーダー・ワンだ。 https://www.youtube.com/watch?v=kX9QE6OBvoY このバンドは、スクエアプッシャーがベース&ヴォーカ...
orchestra_main

華麗なる狂宴!ジェフ・ミルズ、アーミン、カイゴ×オーケストラ、その答えは?

歴史ある由緒正しき伝統的なオーケストラと、最新のテクノロジーを取り入れて進化し続けてきたダンス・ミュージック。 両者のコラボはこれまでも度々行われ、ここ日本でも3月21日にジェフ・ミルズと東京フィルハーモニー交響楽団の大々的なコラボレーションが行われたばかり。 ダンス・ミュージックとオーケストラが結びつくこ...
squarepusher_main2

10000字インタビューが実現!奇才スクエアプッシャーかく語りき 後編

「似たアイディアを用いたからといって、新しい音楽が生まれ得ないとは考えていない」 3年ぶりとなる最深アルバム「Damogen Furies」で試された実験について、Warpを代表する孤高のアーティスト:スクエアプッシャーはそう語った。 そんな「Damogen Furies」の本質を追ったインタビュー前編に続...
square-pusher-main

10000字インタビューが実現!奇才スクエアプッシャーかく語りき 前編

前作「Ufabulum」から3年。奇才の名をほしいままにしてきたスクエアプッシャーがオリジナルアルバム「Damogen Furies」をリリースする。 常にリスナーの予想を裏切りつづけ、ときにはあまりにも実験的で不可解なサウンドを、あるときには荒れ狂ったようなダンス・ミュージックを生み出してきた。 言うなら...
squarepusher_main

奇才スクエアプッシャーの挑戦!ロボットは人間の感情を動かせるのか!?

スクエアプッシャーことトーマス・ジェンキンソンは、音楽家として大きな名声を獲得しながらも、(キャリア初期の常軌を逸したような高速ドリルンベースやフリージャズへのアプローチなどをはじめとして)常に刺激的な音楽的実験を繰り返してきた。飽くなき探求心はまさに“天才”より“奇才”というべきで、過去の多くの発明家やアーティスト同様、彼のクリエイティビティの源泉は非常にピュアな好奇心にある。