INTERVIEW

Looking Back to 2015〜Kode9が選ぶ2015年ベストディスク&ベストアクト〜

2015年、レーベル「Hyperdub」の10周年ワールドツアーを終え、ソロ名義としても初となるアルバム「Nothing」をリリースしたコード9。 今作は世界中の名だたる音楽メディアにおいて、処女作ながらも高い評価を獲得。各チャートのベストアルバムにも選出されるなど、もはやUKベースミュージックシーンにおいて、もっとも重要なキーパーソンとなった彼が選ぶ2015年のベストディスク、ベストアクトとは。 その答えは、やはり彼ならではの独自の視点が息づくあの作品、そしてあのフェスが……。

Looking Back to 2015〜DJ EMMAが選ぶ2015年ベストディスク&ベストアクト〜

長きに渡り、日本のダンスミュージック・シーンを牽引してきたDJ EMMA。 2015年は『ULTRA JAPAN』への出演が大きな話題となったが、それ以上に語られたのは30年に及ぶその輝かしきキャリア。 活動30周年という節目となった2015年、そこで彼は何を見たのか。 日本のキング・オブ・ハウスが、その記念すべき1年を振り返る。

Looking Back to 2015〜DJ Shintaroが選ぶ2015年ベストディスク&ベストアクト〜

2013年に『RedBull Thre3Style』で世界チャンピオンの栄光に輝き、以降国内外で目覚ましい活躍を見せるDJ Shintaro。 数々のフェス、そしてイベントで世界を魅了するその手腕を存分に見せつけつつ、2015年にはプロデューサーとしての才能も開花。 2016年以降の活躍も大いに期待される彼の2015年ははたしてどんな1年だったのか。 そのキーになるのは、やはりあの男だった……。

音楽史を刷新する賢者アンドリュー・ウェザオールが遂に動き出す

アンドリュー・ウェザオールには、神韻たる雰囲気が漂う。 長きに渡る伝説的キャリアと膨大な音楽造詣、知識、それに裏打ちされた作風から想像される人物像は、UKアンダーグラウンド界の絶対的存在というより、まるで古代ギリシャの哲学者のようだ。 事実、この25年ものあいだ彼は世界の音楽シーンを刷新してきた。 有名な...

アーティスト、演出作家、クリエイターたちが観たULTRA JAPAN 2015 前編

今年も大成功を収めた『ULTRA JAPAN』。では、実際に出演していたアーティストたちはどんな思いでステージにあがり、そこで何を感じたのか。 編集部では、本祭に出演したDJ をはじめ、LJ にVJ、さらにはダンサーの方々にインタビュー。その模様を前後編に分けて紹介していく。

『ULTRA JAPAN』の裏側に迫る! 仕掛人に聞く『ULTRA』の真なる魅力と意義

いよいよ明日に迫った『ULTRA JAPAN2015』。 そんな今、FLOORが開催前最後にお届けするのは、『ULTRA JAPAN』のクリエイティブ・ディレクターである小橋賢児とFLOOR編集長:芹澤直樹の緊急対談。 賛否両論のラインナップの真意……、新たにスタートするRESISTANCEの魅力……、そして今回の...

パンク~NU-NRG~ハードダンス~テックダンス YOJI BIOMEHANIKAの過去と現在

約11年ぶりとなる最新作「Chapter X」をリリースしたYOJI BIOMEHANIKA。 テックダンスを打ち出してきたYOJI名義からは一転、本作はハードスタイルやトランス、EDMがボーダーレスに交じり合う新たなスタイルに。 そんな新生YOJI BIOMEHANIKAが生まれるに至った経緯を4つの時代に分けて解説していく。

シーンの未来を担う若き日本のハウスDJたちへ……世界のサトシ・トミイエからの提言

日本人として最初に世界で成功を収めたハウスDJ・プロデューサー:SATOSHI TOMIIE。 ハウスのゴッドファザー:フランキー・ナックルズに見初められ、Def Mix Productionsの一員として90年代のハウス・シーンを牽引し、今なお第一線で活躍する彼が、約15年ぶりとなるセカンド・アルバム「NEW DAY」をリリースした。 インタビュー前編に続き、今回はそんな本作について聞くとともに、日本のハウス・シーンの未来について語ってもらった。