9月19日(土)、20日(日)、21日(月・祝)に開催される『ULTRA JAPAN』。
その待望のフルラインナップがいよいよ発表に!

FLOORではどこよりも早く、これまでの出演者を含め、その豪華な面々を紐解く特集をお送りします。

ダンスミュージック・シーンの歴史的人物が集結
ゲッタにアーミン、スクリにアレッソ、アフロジャックまで……

lineup_main

まずはおさらい……すでに発表となっているヘッドライナーは、計6組。

DJ Magの人気DJランキングでトップに5度輝いた帝王:アーミン・ヴァン・ヴーレン
EDMのパイオニア:デヴィッド・ゲッタ
シーンの未来を担う若きマエストロ:ニッキー・ロメロ
そしてブロウステップを生み出したダンスミュージック界屈指の異端児スクリレックス
さらには、昨年に引き続き登場するEDM界のスーパースター:アフロジャック
美メロ&哀愁マスター:アレッソ

そんな豪華な面々にさらに加わったのはなんと……

最終ラインナップ発表!!
ヘッドライナーにはダッシュ・ベルリンとDJスネークが追加!

lineup_new

前述の6組に加えて発表されたのは、世界が認めるオランダの至宝:ダッシュ・ベルリンと、ディプロも大絶賛の脅威のフランス人アーティスト:DJスネイク

この2組の出演により、またまたその音楽性のバラエティは大きく拡大!
とりわけ、DJスネークはEDMにヒップホップやトワークを取り入れた斬新なサウンドで世界中のフロアを魅了しているだけに(リル・ジョンとの共作“Turn Down For What”は、2014年のビルボードの年間ランキングのHot Dance/Electronic Songsチャート1位!)、そのプレイは期待大!

ダンス大国オランダが誇る実力者、世界のフェスを魅了するダッシュ・ベルリン

2007年に活動を開始したトランス〜EDMプロジェクト。
これまでに、フロアヒットを多数量産する他、世界各地のビッグフェスにも軒並み出演(『EDC』ではクロージングアクトを務める!)。
DJ MagのDJランキングでも2012年に7位、2013年には10位、そして2014年は14位にランクインするなど、まさに現行シーンにおける世界トップ・アーティスト。

EDM×トワーク? ヒップホップ? 鬼才ディプロもその才能に舌を巻く狂人DJスネーク

ここ数年で一躍シーンに台頭したフランス人アーティスト:DJスネーク。
ディプロ率いるMad Decentに所属し、過去にはレディ・ガガの楽曲プロデュースやカニエのリミックスなども手掛けてきたが、彼の最も大きな功績はその類い稀なる音楽性。

トワークやトラップを軸に置きつつ、EDMにヒップホップまで、様々なサウンドを雑食的に取り込んだサウンドは、世界中でフォロワーを続出。
特に、リル・ジョンとの共作“Turn Down For What”、盟友ディロン・フランシスとの “Get Low”、そしてディプロとの共作“Lean On”は全米のチャートを席巻。世界中で大きな話題となった。
シーンの垣根を飛び越え、全音楽界の中でも最もホットなアーティストの1人。

新たに加わるアンダーグラウンドな息吹RESISTANCE、『ULTRA JAPAN』でどう爆発するか?

Resistance-Japan-Banner-Lineup

また、つい先日発表となったRESISTANCEにも本家のレジデントを務めるニック・ファンシウリをはじめ、ジェームス・ザビエラにサトシ・トミイエらが参戦決定。

さらには、プログレッシヴハウス界を牽引するトップDJ、ジョン・ディグウィード&サシャ、そしてハウス界の新時代を築く気鋭ゴーゴン・シティーなど、その顔ぶれはメインステージにひけをとらない。
今年から新たに加わったこの注目のステージも、超豪華なラインナップでここ日本でも初陣を迎えることに。

ニック・ファンシウリも本誌のインタビューで「新しいコンセプトで、アンダーグラウンドなエレクトロニック・ミュージックを推進しているもの」と語り、さらには「Resistanceの目的はアンダーグラウンド・ミュージックをマスに持っていくことだけど、『UMF』としてはお客さんがEDMとResistanceを選ぶことができる、それは素晴らしいこと」と話している。

EDMだけでなく、ハウスやテクノ、よりピュアでアンダーグラウンドなダンスミュージックの最前線が体感できるRESISTANCE。
EDMに注目が集まり気味だが、『ULTRA JAPAN』は本国同様に様々なジャンルの最先端を感じることができる音楽の祭典として、より強力なラインナップを発表したといえる。

本家『UMF』のRESISTANCEにおけるレジデントDJ、ニック・ファンシウリ

nick2

イギリス出身、16歳から音楽活動をスタートし、地元のクラブのレジデントDJから着実にステップアップ。
いまや、世界のアンダーグラウンド・シーンの最前線に立つハウスミュージック界の至宝。
今年から『UMF』に新たに加わったステージ:RESISTANCEのレジデントDJとして活躍している。

フルラインナップの発表にあわせて、3日間各日の出演者も発表に!

full-line-up

初日19日のメインステージには、アーミン・ヴァン・ブーレンにアフロジャック、そしてフェデ・ル・グランド、ロビン・シュルツらが登場。
別ステージでは、サブ・フォーカスやチェイス&ステイタス、ペンデュラムといったベース〜ドラムンベース勢が名を連ねる。

2日目20日には、スクリレックス、DJスネーク、ニッキー・ロメロ。
さらにはカーネイジにヴァイストーンといった革新派がメインステージに。

また、この日からRESISTANCEステージも登場し、そこにはジョン・ディグウィード、ニック・ファンシウリ、サトシ・トミイエらがプレイする。

そして、最終日21日には、メインステージにデヴィッド・ゲッタ、アレッソ、ダッシュ・ベルリン、ゼッズ・デッドらがラインナップされる一方で、RESISTANCEにはサシャ、ゴーゴン・シティー、ジェームス・ザビエラらが出演する。

その他にも、m-flo、Ksuke、DJ Shintaroら日本人アクトが発表となり、さらにはもう1つのステージ、UMF RADIOのラインナップも明らかになった。

ultrajp_3ultrajp_main

これで『ULTRA JAPAN』の出演者は、全部で70組以上! 今年もまた日本のダンスミュージック・シーン史上稀に見る一大スペクタクルが開催される!!

『ULTRA JAPAN 2015』
2015.9.19.SAT〜21.MON @ULTRA JAPAN特設会場(東京・お台場)
ACT:Afrojack, Alesso, Armin Van Burren, Dash Berlin, David Guetta, Nicky Romero, Skrillex, DJ Snake, Ansolo, Carnage, Chase and Status (DJ), Fedde le Grand, Gorgon City (DJ), Harvard Bass, James Zabiela , John Digweed, Life on Planets , MIJA, Nic Fanciulli, Pendulum, Robin Schulz, Sasha, SIGMA, Sub Forcus (DJ), Vicetone, Zeds Dead, DJ EMMA, Justin Oh, MIOTOMI TOKOTO, JUNIOR&ROYAL, Mykris, Chill, m-flo DJ Set, Banvox, Raiden, TJO, KSUKE, Ale Mora, DJ Shintarro, XXX$$$, Tom Taus, DJ AKI, Ymasa, Gromo, Osam M, Atsuko Satori, Bagagee Viphex 13, Off The Rocker, Sugiurumn, Terry, Bryan Burton-Lewis, Fake Eyes Productions, DJ MAAR, NAOKI SERIZAWA, YOSA, Los De La Vega, DJ KANGO, Habanero Posse, DJ WILDE PARTY, Hyper Juice, Kan Takahiro, The Chopstick Killahz, Part2style Sound, XLII, DJ Sarasa, DJ Takaki, New Kid’n Play
【INFO】http://ultrajapan.jp