12月1日(木)から3日(土)まで、渋谷ヒカリエ他5会場で開催される日本初のダンスミュージック・カンファレンス『TOKYO DANCE MUSIC EVENT(TDME)』。そこでは“カンファレンス(国際会議)”、“セッションズ(音楽制作)”、“ライブ”の3つのコンテンツが3日間に渡って繰り広げられるが、今回はその中から注目のプログラムをピックアップ!

tdme02

まずは、渋谷ヒカリエホールAで行われる“カンファレンス”
国際会議と言うといかにも難しそうに聞こえるが、要は日本のダンスミュージックシーンをよりよくしていくためにみんなで話し合いましょうというもの。

たとえばマイアミの『Ultra Music Festival(UMF)』を擁する『Winter Music Conference(WMC)』やオランダ・アムステルダムで開催されている『Amsterdam Dance Event(ADE)』でもカンファレンスは毎年行われ、世界中の有識者たちによる喧々諤々の会議がなされている。
今回の『TDME』でも、世界中から豪華なスピーカーが登場しシーンの今が語られるだけに、業界関係者はもちろんダンスミュージックファン、とりわけこの業界で働きたいという人は一見の価値あり。

カンファレンスの注目プログラムは……

「日本のプロモーターによる音楽フェス事情」

(12月1日(木)11:45〜12:30)

つい先日も2017年にビッグフェス上陸の話題が飛び交うなど、日本は今まさに百花繚乱フェス時代。毎年のように様々なフェスが開催されているが、その現状、はたまたフェスの未来は? なんてことを『SUMMER SONIC』や『FUJI ROCK』の主催者たちを交え話し合う45分間。

フェスの今を知る上でも、そして今後フェスをより楽しむためにも参加して損はなし。きっと新たなフェスの楽しみ方を知ることができるはず。

「グローバルの視点から見るダンス・ミュージック・シーン」

(12月2日(金)12:00〜13:00)

こちらはゲストスピーカーが超豪華! 世界最高峰のフェス『UMF』のレーベルUltra MusicのボスPatrick Moxey氏に加え、カイゴやマーティン・ギャリックスを発掘したToby Andrews氏という世界のシーンをリードするふたりのキーマンが登場。

アーティストではなく、あくまで裏方(しかも世界的な!)の話を聞く機会なんてそうそうないだけに、今後音楽事業を……と考えている人にとっては間違いなく有意義な時間になることだろう。
ここから新しいビジネスが生まれるなんてことも!?

「海外の音楽メディア事情」

(12月2日(金)15:20〜16:00)

これまたスピーカーがなんとも豪華。日本からはblock.fmの代表☆Taku Takahashi、海外からは『The FADER』、『DJ Magazine』といった世界的メディアのスタッフが参加し、メディアについて語り合う。メディアのあるべき姿、はたまたメディアとの正しい付き合い方とは……。
こちらはメディア志望の方は注目。本誌スタッフも学びに行きたいところ。

この他にも、初日にはニーナ・クラヴィッツによるテクノ談義(アンダーグラウンドテクノ好きはマスト!)、2日目にはSugiurumnのBassworksやtomadのMaltine Recordsなど、インディペンデントレーベルの説明会があったりと、ダンスミュージックに関する様々なこと、そのいろはが知れる絶好の機会。
アーティスト志望ではなく、ダンスミュージックに関わる仕事がしてみたい!という人は参加するといろいろなことが見えてくるだろう。

tdme03

一方、アーティスト志望者にはRed Bull Studios Tokyo で行われる“セッションズ”がおすすめだ。

ここでは、国内外のアーティストたちから曲作りのノウハウを教えてもらえるだけでなく、メーカーのスタッフから最新の機材の使い方を学ぶことも可能。アーティストたちの技法を盗み、日々進化する最新機材に触れることで確実にクリエイティビティがアップし、新たな発見もあるはずだ。ちょっと制作にいき詰まってるというアーティスト、そして曲を作りたいけどやり方が……なんて方はぜひご参加あれ。

セッションズの注目プログラムは……

「ABLETON MEETUP TOKYO -TALK SESSION-」

(12月1日(木)15:20〜16:00)

今やアーティストのマストアイテムABLETON。世界中あらゆるアーティストが使用しているが、それぞれどんな使い方をしているのか。
今回はSeiho、Moochy、DJ Bakuという趣が異なる3人のアーティストが自らのABLETON理念を語り合う。ABLETONユーザーはマスト。そして、もちろん使ってみようかと悩み中の方も必見だ。

「banvox PRODUCTION WORKSHOP With ☆TAKU TAKAHASHI」

(12月1日(木)17:50〜18:40)

若手旗手banvoxの楽曲の仕組み、構成など、その全てを☆TAKU TAKAHASHIが解説するというワークショップ。
今回は自身ではなく第三者が解説というのが面白いところで、より客観的な意見&☆TAKUならではの観点が合わさったなんとも興味深い時間が期待できる。

このケミストリーはどんな結果を生むのか、それは参加してのお楽しみだ。

「TECHNO MASTERCLASS」

(12月2日(金)16:00〜17:30)

今回のセッションズの中でも一番の目玉、それが世界的アーティスト:ウメックによるマスタークラス。
彼から制作のなんたるかを学ぶ機会はこれを逃せば二度とないかもしれないだけに、テクノ・アーティストを目指す人は必見。世界に通用するテクニックがきっとここで学べるはず。

また、同日13:30からはプロック&フィッチによるクラスもあるので、ハウス系の方はぜひそちらで。

tdme04

いろいろと学んだ後、夜は“ライブ”
ジョルジオ・モルダーやクラプトーンが参加するイベントが渋谷各所で開催(詳細はホームページで!)。

日本初のダンスミュージック・カンファレンス『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』。
初開催ながら実に豪華なゲストが集い、興味深いコンテンツが盛りだくさん。それはダンスミュージックに携わっている方、はたまたこれからそこに飛び込もうという方。アーティストも関係者も、全ての人にとって必ずや有意義な時間になることだろう。数多くのコンテンツの中には、新たな発見、そして今後の活動に役立つ何かがきっとあるはずだ。

クラブで遊ぶのももちろん最高だが、たまには自分の遊び場、遊びの手段についてもう一度学び、考え、ともに高め合っていくという機会も必要。そうすることで、ダンスミュージックがより楽しめ、好きになれるはず。

なお、今回海外からのゲストが多々参加しているが“英語ができないから……”と諦める必要は全くなし。英語、日本語、同時通訳デバイスが準備されているので心配なく。

また、学生にも朗報! 通常2日通しチケット(全てのカンファレンス&セッッションズに参加可能! ライブは一部のみ参加可能)が2万円のところ、学生は破格の5千円!この機会をお見逃しなく。

EVENT INFORMATION

TOKYO DANCE MUSIC EVENT -CONFERENCE-

2016年12月1日(木)・2日(金)

渋谷ヒカリエ ヒカリエホールA

TDME PASS 2日通し券 20,000円
 TDME PASS 1日券 12,000円
 TDME PASS 学生割引 2日通し券 5,000円
 *カンファレンスとセッションズに参加できます。ライブ料金は上記に含まれません。

NINA KRAVIZ, PATRICK MOXEY, TOBY ANDREWS, 長谷部健, ZEEBRA, ☆Taku Takahashi(m-flo), 宇川直宏 and more

インフォメーション

EVENT INFORMATION

TOKYO DANCE MUSIC EVENT -SESSIONS-

2016年12月1日(木)・2日(金)

Red Bull Studios Tokyo

TDME PASS 2日通し券 20,000円
 TDME PASS 1日券 12,000円
 TDME PASS 学生割引 2日通し券 5,000円
 *カンファレンスとセッションズに参加できます。ライブ料金は上記に含まれません。

YAMATO, sauce81, Seiho, CD HATA(Dachambo), DJ BAKU, Josh Bess (benben), JUZU a.k.a. MOOCHY, Koyas, LLLL, banvox, ☆Taku Takahashi and more

インフォメーション

EVENT INFORMATION

TOKYO DANCE MUSIC EVENT -SESSIONS-

2016年12月2日(金)・3日(土)

渋谷ヒカリエ ヒカリエホールA, WOMB, SOUND MUSEUM VISION, contact

インフォメーション