誰もが出演を切望する『ULTRA JAPAN』という大舞台。2014年の初開催以来、今回を含め毎回そのメインステージに立ち続けている男……KSUKE。
『ULTRA JAPAN2016』の開催を間近に控えた今、彼は何を思うのか。

今年はマイアミを始めヨーロッパや韓国、そしてシンガポールで開催された『ULTRA SINGAPORE』にも出演し、つい先日は『VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2016』という普段とは異なるシチュエーションでもきっちりと自身の役割をこなす一方で、ジャンルやカテゴリに縛られない様々な楽曲をリリース。DJ・アーティストとして着実に進化しているKSUKEの今、そして『ULTRA JAPAN』への思いを聞いた。

%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%80%80%e2%91%a0

——先日は『VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2016』でプレイされていましたが、普段のプレイフィールドとは違う場所でのDJはどうでした?


確かに普段とはシチュエーションが違いましたが、逆にいつもとは異なるアプローチで自分の世界観を伝えることができるチャンスでもあったので、そういった意味ではすごく楽しめました。

_dsc3946

特にファッション・イベントは、その空間の雰囲気を音楽を使ってどれだけ演出できるかが重要になってくるので。

——今回出演したのはGUCCIのパーティでしたが、普段はどんなファッションが好きなんですか?

モードとストリートをミックスした、わりとラフな格好が好きですね。
ただ、僕自身年齢を重ねるごとにファション・スタイルもアップデートしていきたいと思っていたので、今回のパーティに参加できたことはとても光栄で、いい経験になりました。

%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%80%80%e2%91%a1

——最近はファッション・フィールドでの活躍も目覚ましく、10月には「GirlsAward Selection mixed by KSUKE」がリリースされますね。

今回のミックスは世界的大ヒット曲のリミックスから僕のレコメン楽曲までかなり盛りだくさんなラインナップになっています。

そしてなにより、『GirlsAward』という大きなファッション・イベントとのコラボということで、クラブやフェスが好きなお客さん以外の人もこのCDをきっかけにダンスミュージックに興味を持ってもらえるような作品にしたいと思っていました。

ミックスCDではありますが、どの部分から聴いても楽しめる内容になっていると思います。国内のコンピレーションでは初収録となる楽曲や僕の新曲&Remixワークもふんだんに収録しているのでぜひとも楽しんでもらいたいですね。

_dsc3233

——6月に開催された『ULTRA KOREA』では、AMBER from f(x)とのコラボ曲“BREATHE AGAIN”を発表していましたが、この曲の経緯を教えてもらえますか。

もともとAMBERの存在は映像や音源でチェックしていて、今回の楽曲は彼女しかいないなと思ってました。
彼女自身LAで育ったこともあり英語の発音もネイティブで、歌声はもちろんのこと、とにかくラップが最高なんですよ!
今回の楽曲はラップが重要なキーだったので、ぜひお願いします!って感じでした(笑)。

レコーディングのクオリティーはもちろんのこと、なんと言っても彼女がステージで放つ存在感、そしてオーディエンスを瞬時にして巻き込むパフォーマンスは本当に素晴らしいです!

今回の楽曲は何度も試行錯誤しましたが、最終的にはアジアンテイストがうまくフィーチャリングした、フェスでもクラブでも盛り上がれる楽曲になったと思います」

——新曲といえば、メタルバンド:HER NAME IN BLOODの楽曲のリミックス“BAKEMONO”も間もなくリリースされますが、この組み合わせは正直意外でした。

よく言われますが、彼らとはレーベルメイトなんですよ(笑)。それに年齢も近く、実は僕も高校生のころベースを弾いていたこともあり、ロックやメタルが大好きだったので数年前に初めて会ってすぐに仲良くなりました。
メンバー全員、見た目はかなりパンチありますが(笑)大好きなバンドです。

そんな彼らのリミックスをやることになったのは、前に一度メタル系のパーティでDJをしたときに、ボーカルのIKEPYに飛び入りで参加してもらって、いろいろな意味でかなり面白かったんですよね。
その後、今度は僕自身が作ったトラックでメンバーとコラボしたいなと思ってて、彼らがメジャーアルバムを出すタイミングで僕の方からリミックスをやらせてください!ってお願いしました。

今回は彼らのアルバムの中でもかなり重要な楽曲“Last Day”をリミックスさせてもらったんですが、メタル×電子音をいかに生バンドのグルーヴを失わずダンスミュージックに昇華するか、かなり考えました。
結果的にメタルのハードなグルーヴを残しながらもクラブバンガーな曲に仕上がり、個人的にも会心のリミックスになったと思います!

——さて、いよいよ開幕する『ULTRA JAPAN』についても話を聞きたいのですが、その前に先週末、9月10、11日には『ULTRA SINGAPOLE』のメインステージでもプレイしてきたんですよね。

初めてのシンガポールでしたが楽しかったです! 『ULTRA SINGAPOLE』ではあえて新曲をクローズアップするのではなく、流れの中でかけたときにオーディエンスがどんな反応をするか見てみたくて、サラッと使ってみました(笑)。

すると、楽曲を知っていた人もいたし、なにより音の鳴りが想像以上によく、オーディエンスの反応もかなりよかったです。

dsc03026


——では、『ULTRA JAPAN』に向けての意気込みを。

去年の『ULTRA JAPAN』から進化した姿をぜひ期待して遊びにきてほしいです。

演出含め、フェスでしかできないことをやろうと思っていますし、先ほど話題にあがったf(x)のAMBERとHER NAME IN BLOODからIKEPYとDAIKIにもゲスト出演してもらいますのでお楽しみに!

しかも、このゲスト出演してもらう2曲に関しては日本で初披露になるので、しっかりと世界観が伝わるステージにしたいですね。
2組ともアジアから世界に出て活躍するアーティストなので、いい意味でみなさんの期待を裏切るステージになればと思ってます。

%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%80%80%e2%91%a2

——他にも何かサプライズなんかはあったりします?

ここだけの話……すでにリリースされている楽曲だけでなく、未発表のオリジナル・リミックスも何曲か披露する予定です。

毎回海外に行くたびにいろいろな刺激を受け、それを常に楽曲制作に取り込んでいるので、個人的にはタイムリーに新しいものを発信していきたいと思ってます。

なかには海外のフェスでプレイして反応がよかった楽曲も多いので、『ULTRA JAPAN』でオーディエンスがどんな反応をしてくれるのか、とても楽しみですね。

——最後に今回の『ULTRA JAPAN』で注目しているアーティストは?

僕が出演する3日目は気になるアーティストばかりなんですが、その中でもマーティン・ギャリックスには注目してますね。

『ULTRA JAPAN』の初年度でも素晴らしいプレイをしてくれましたが、最近は彼のプレイスタイルや楽曲がかなり変化しているので、どんなショーを見せてくれるのか今から楽しみです。

EVENT INFORMATION

EventTitle”ULTRA JAPAN 2016″

2016.9.17.SAT〜19.MON

OPEN 09:00

TOKYO ODAIBA ULTRA PARK(Odaiba)

GA3日通し券(¥39,000)
GA1日券(各日1日券 ¥13,000)
VIP1日券(各日1日券 ¥30,000)

【DJ】deadmau5 / DUBFIRE / Knife Party / KYGO / Hardwell / Martin Garrix / NERO / DJ SNAKE / Tiesto / ZHU / ANNA / ART DEPARTMENT / CARNAGE / FEDDE LE GRAND / GALANTIS / GRYFFIN / JAUZ / marshmello / MATADOR / NIC FANCIULLI / NICOLE MOUDABER / REBOOT / SHADED LIVE / SHOGUN / technasia / Thomas Jack / W&W / ALYN / banvox / Calm / DAISHI DANCE / EITA / DJ HOKUTO / JUSTIN OH / KEN ISHII / DJ KENSEI / KIKIORIX / KSUKE / LICAXXX / DJ MAAR / MITOMI TOKOTO / MOTI / NAOKI SERIZAWA / DJ NORI / DJ OGAWA / OSAMU M / RAIDEN / SEKITOVA / SHINICHI OSAWA / TAAR / Takkyu Ishino / TJO / TOM SWOON / YAMATO and more

http://ultrajapan.jp