世界屈指のパーティ・アイランド:イビサで2014年に生まれ、そのあまりの人気にイギリス、カナダ、メキシコ、オーストラリアなどでもすぐさま開催。
2015年9月には待望の日本初上陸を果たし、集まった多くのパーティ・ラヴァーを感動と昂奮の坩堝へと誘った人気リゾート・フェスティバル『CORONA SUNSETS FESTIVAL』が、今年も日本で開催されることが決定!

corona1

このフェスの魅力と言えば、なんといってもその絶好のロケーション。
記念すべき日本での第一回目となった昨年は、日本屈指のリゾート地:沖縄の美らSUNビーチを舞台に2日間に渡って開催された。

P2A080727b5ab1f61a78900dc1623750b52fcf5

また、“ビーチでサンセットを眺めつつ、コロナと極上の音楽を堪能する”という他のフェスにはない独自のコンセプトのもと、ダンスミュージックとチルアウト、快楽と癒しが両方楽しめると生粋のパーティ・ラヴァーたちも大満足の様子だった。

また、音楽面もビーチに建てられた野外音楽特設ステージに、国内外から数多くのアーティストたちが集結。
イビサのサンセットの名所として知られるCafe del Marの初代レジデントDJであり、バレアリック・サウンドの第一人者であるホセ・パディーヤやアメリカ西海岸ハウスの象徴:マーク・ファリナが“Mushroom Jazz”セットを披露するなどビーチにマッチするアーティストが出演。

他にも、フレンチ・エレクトロ界の気鋭:ブレイク・ボット&イルファンやWOLF+LAMBのライフ・オン・プラネッツ。
さらに、ラスティーやジャマイカらが登場した一方で、国内からはDJ KENTAROをはじめとするDJ勢に加え、Caravanや平井大といったアーティストも参加し会場を盛り上げていた。

他のフェスでは味わえないシチュエーションと、それに見合った格別のサウンド。
踊るもよし、チルアウトを満喫するもよし! 様々な楽しみ方ができるのが『CORONA SUNSETS FESTIVAL』だ。

昨年のFLOORでのパーティレポートはこちらから!
http://floormag.net/news/corona-sunsets-2/

2年目となる今年も、会場は前回と同じく沖縄の美らSUNビーチ野外音楽特設ステージに決定。
ただし、日程は前回とは異なり7月2日(土)、3日(日)の2日間。梅雨も明け、夏本番を前に徐々に盛り上がりをみせる絶好の時季だ。

料金は1日券4,000円、2日券6,000円、タオル付きは+1,000円となり、専用テーブルやバー、トイレが付いて、なおかつCORONA飲み放題のVIPチケットは100,000円。
3月1日(火)から国内ローソン、国外iFLYER限定で先行チケットが発売となり、一般発売は5月21日(土)から。

そして、今回はお得な早割チケットの抽選販売も決定!
本日2月10日(水)から2月21日(日)まで第一次、第二次は2月22日(月)〜2月28日(日)となり、こちらはなんと1日券3,000円、2日券5,000円で販売される。

なお、出演アーティストは現在調整中とのことで、第一弾は3月1日(火)発表予定とか。今年はどんなアーティストが沖縄のビーチを彩ってくれるのか、それもまた楽しみだ!!

FESTIVAL-CORONA-SUNSETS-IBIZA-2-1

CORONA SUNSETS FESTIVAL 
2016.7.2.SAT〜3.SUN@美らSUNビーチ野外音楽特設ステージ

【OPEN/START】13:00 / 14:00
【CHARGE】早割:3,000円(1日券)/ 5,000円(2日通し券)
一般:4,000円(1日券)/ 6,000円(2日通し券)
VIPシート:4名席 100,000円(1日券)
【INFO】http://corona-extra.jp/