NEW

fantasia_main_

開催直前! 演出家・脚本家の小栗了と島田雅彦が語る『FANTASIA』

11月18日(土)に幕張メッセで開催される新感覚フェス『FANTASIA』。そこではベースメント・ジャックスやナーヴォをはじめとしたDJたちのプレイと並行し、『竹取物語』を現代的に翻案したショーが展開される。 そんな本祭の演出・脚本を手がけるのが、小栗旬の兄で『シルク・ドゥ・ソレイユ』の日本代表責任者や数々の演劇、ステージ演出などで活躍する小栗了と、純文学界の重鎮:島田雅彦だ。
sound-junction

4つのジャンルの音楽とアーティストの交差点 〜 RED BULL MUSIC FESTIVAL《SOUND JUNCTION》レポート

「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017 東京」の斬新でユニークな企画のなかでも「SOUND JUNCTION 渋谷音楽交差点」は、オーディエンスにとっても出演アーティストにとっても未知の試みになった。2部構成となり、1部は各アーティストの通常ライブ。2部は日本のポップスをカバー/アレンジして披露する。 会場のベルサール渋谷ガーデンの四隅には、それぞれステージが設置され、オーディエンスは、四方向からステージに囲まれている格好。出演アーティストである水曜日のカンパネラ、KICK THE CAN CREW、中田ヤスタカ、Nulbarichはどこのステージから、どの順番に現れるかはわからない。
PRASLESH

ルーマニアン・ミニマルデュオ Prasleshが日本初上陸!

アンダーグラウンド・シーンで近年注目を集めるルーマニアのレーベル[a:rpia:r]。 その創設者のひとりラレッシュと[a:rpia:r]やUNDERSTANDからのリリースで知られる PrasleaによるスペシャルユニットPrasleshが11月10日(金)、11日(土)に初来日。
maw

今年も開催MAW in JAPAN! ハウス界に刻まれた名曲の数々をプレイバック!

“MASTER”という 言葉には様々な意味がある。 “主人”、“支配者”、“所有者”……なかでも“師匠”という言葉がなんともしっくりくる二人組。それはハウスに関わる多くの人たち……それこそリスナーだけでなくアーティストだってきっと思いは同じはず。 そんなハウス界の偉大なる師匠マスターズ・アット・ワーク(MAW)が今年も日本にやってくる!
rbmf

即興ジャムから和ものオンリーのパーティまで『RED BULL MUSIC FESTIVAL』の必見イベント

10月22日にスタートし、およそ1ヵ月にわたって東京をジャックする音楽フェスティバル『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』。 そこでは150組以上のアーティストが、14のイベントに登場。ポップス、ロック、ヒップホップ、エレクトロニック、ノイズからゲーム音楽まで、様々なジャンルのイベント、ワークショップ、レクチャーが行われる本祭だが、なかでもこれから開催される注目イベントをピックアップした。
soundjunction

KICKにヤスタカ、水カンにNulbarich、音楽の異種格闘技戦開幕間近!

現在絶賛開催中の「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017」。約1ヵ月に渡って14のイベントが行なわれる中で、最もビッグな催しが11月4日(土)に渋谷ベルサール渋谷ガーデンで開催される「SOUND JUNCTION 渋谷音楽交差点」。 そこではKICK THE CAN CREW、中田ヤスタカ、水曜日のカンパネラ、Nulbarichと、ジャンルも世代も異なる4組のアーティストが参加。