INTERVIEW

localtalk_main

Mad Mats(Local Talk)× Midori Aoyama(EUREKA!)× 沖野修也 1枚のコンピレーションが生んだ絆は今新たなステージへ

ハウスを軸にあらゆるジャンルへと触手を伸ばし、絶えず上質なサウンドをスウェーデンから世界に送り続けてきたレーベルLocal Talkが設立から5年半を迎え、コンピレーションアルバム「LOCAL TALK 5 1/2YEARS LATER」をリリース。 そして、その記念碑的作品にMidori Aoyama率いる国産気鋭ハウスレーベルEUREKA!がコラボ。彼らが本作の日本盤を制作したのだが、そこになんと日本のクラブジャズシーンの第一人者・沖野修也が新たに楽曲を提供。
sunwave_main

東欧ルーマニアのリゾートに現れる至高のミニマル・パラダイス

東欧ルーマニアで開催されている『Sunwaves Festival』。 日本での知名度はまだまだ高くはないが、ミニマル好きにとっては世界でも屈指のフェスとして知られ、毎年数多くのファンが押し寄せている。 今回はそんなミニマルの祭典に過去4度参加しているRAHAが、『Sunwaves Festival』の魅力を語...
sekitova_main

SEKITOVA|ダンスミュージックの神髄を問う、アンダーグラウンドの未来

時代をサバイブする若きアーティストたちにフィーチャーする特集「U25」。 これまで多くの海外アーティストたちの今、そしてこれまでを切り取ってきたが、今回紹介するのは日本のハウス&テクノシーンの次代を担うSEKITOVA。10代からその将来を嘱望された逸材は果たして今何を思う……。 「AIの発達や政局の変...
adrian_main

世代を越えたUK発のスペシャルユニット、シャーウッド&ピンチかく語りき

ふたつの類い稀なる才能が重なるとき、それは倍以上の効果と驚きを与える。 それを見事に実証したのがUKが誇るダブの重鎮エイドリアン・シャーウッドとダブステップ〜ベースシーンの旗手ピンチ。 さもすれば親子ほどの年齢差があるふたりだが、彼らシャーウッド&ピンチの処女作「Late Night Endless」はシーンに...
berlin_main

Berlin Atonal〜原点に回帰し、未来を憂うベルリン・サウンドの本懐〜

テクノの聖地、ドイツはベルリンで開催されている『Berlin Atonal』は1982年に初開催。当時アヴァンギャルドな音楽性で人気を博したが、時代の潮流を鑑み惜しくも一時休止。しかし、ベルリンに新たな息吹を吹かすべく2013年に23年ぶりに復活した。 以降、最新の映像表現やインスタレーションなどとリンクすることでより多角的なコンテンツを擁し、世界中のコアなファンを魅了し続けている。
ueno_main

対談:ポーター・ロビンソン × 植野有砂「ルールに捕われない、固定観念のない人はすごくフレキシブル」

植野有砂とポーター・ロビンソン。 日本とアメリカ、それぞれのクリエイティブ・フィールドで若くして大成した両者。ここではそんな2人の成功の背景、そして理念について訊く。 両者ともに新たな時代を開拓するトレンドセッターと目されているが、その脳裏にあるものとは……。 2人のサクセスストーリーを紐解いていくと、201...
shingo_main

「原始的な光の群と電子音を合わせたヴィジュアルとサウンド表現の原点回帰」SHINGO SHIBAMOTOインタビュー

90年代後半からダンスミュージックのフィールドでDJ、プロデューサーとして活躍してきたDr.Shingo。そんな彼が、本名のSHINGO SHIBAMOTO名義でVJのMMMと組み、新たなる表現に挑んだ。 それは、LED BALLとモジュラーシンセを要いた“音と光”のインスタレーション。3次元立体空間における光の...
yahyel_main

全ては自らのアイデンティティを求めて……yahyelインタビュー

池貝峻(vo)、篠田ミル(Sampling)、杉本亘(Syn)の3人に加え山田健人(VJ)、大井一彌(ds)からなるyahyel(ヤイエル)。彼らはインターネットという文明の利器を介して地球上をさもフラットに繋いでいく……かと思いきやそうでもない。むしろそれは当たり前のツールであり、空気も同然。それ以上に“リアル”への渇望……言い換えれば現実(世界)と自らの距離感をネットがあるからこそわきまえ、強く意識しているようだ。 今、新たな世代のキーパーソンとして耳目を集める彼らこそ、まさにその証左と言える存在だった。
djlead_main

DJ LEADインタビュー “僕らが昔感じたヒップホップ黄金期が再び来る”

日本初開催となった『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO』も当日は多くのアーバンファンが集い、見事大成功を収めたが、このたびその模様をパッケージしたミックスCD「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO mixed by DJ LEAD」がリリース。当日の熱気をそのままに、なおかつシーンの今をフレッシュに閉じ込めた本作、さらには気になる『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO』について、DJ LEADに話を聞いた。