INTERVIEW

ueno_main

対談:ポーター・ロビンソン × 植野有砂「ルールに捕われない、固定観念のない人はすごくフレキシブル」

植野有砂とポーター・ロビンソン。 日本とアメリカ、それぞれのクリエイティブ・フィールドで若くして大成した両者。ここではそんな2人の成功の背景、そして理念について訊く。 両者ともに新たな時代を開拓するトレンドセッターと目されているが、その脳裏にあるものとは……。 2人のサクセスストーリーを紐解いていくと、201...
shingo_main

「原始的な光の群と電子音を合わせたヴィジュアルとサウンド表現の原点回帰」SHINGO SHIBAMOTOインタビュー

90年代後半からダンスミュージックのフィールドでDJ、プロデューサーとして活躍してきたDr.Shingo。そんな彼が、本名のSHINGO SHIBAMOTO名義でVJのMMMと組み、新たなる表現に挑んだ。 それは、LED BALLとモジュラーシンセを要いた“音と光”のインスタレーション。3次元立体空間における光の...
yahyel_main

全ては自らのアイデンティティを求めて……yahyelインタビュー

池貝峻(vo)、篠田ミル(Sampling)、杉本亘(Syn)の3人に加え山田健人(VJ)、大井一彌(ds)からなるyahyel(ヤイエル)。彼らはインターネットという文明の利器を介して地球上をさもフラットに繋いでいく……かと思いきやそうでもない。むしろそれは当たり前のツールであり、空気も同然。それ以上に“リアル”への渇望……言い換えれば現実(世界)と自らの距離感をネットがあるからこそわきまえ、強く意識しているようだ。 今、新たな世代のキーパーソンとして耳目を集める彼らこそ、まさにその証左と言える存在だった。
djlead_main

DJ LEADインタビュー “僕らが昔感じたヒップホップ黄金期が再び来る”

日本初開催となった『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO』も当日は多くのアーバンファンが集い、見事大成功を収めたが、このたびその模様をパッケージしたミックスCD「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO mixed by DJ LEAD」がリリース。当日の熱気をそのままに、なおかつシーンの今をフレッシュに閉じ込めた本作、さらには気になる『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO』について、DJ LEADに話を聞いた。
solomun_main

「人には感情があるんだ。ということはダンスフロアにも当然あるだろ?」ソロモン来日直前インタビュー

2010年代以降のアンダーグラウンドのハウスシーンに新たな旋風を巻き起こしたボスニア生まれのプロデューサー、ソロモン。 主宰レーベルDIYNAMICが設立10周年を迎え、世界各地でショーケースを行っているなか、11月19日(土曜日)に渋谷WOMBにて約5年ぶりの来日を果たす。 そんな彼に、レーベル10周年の軌跡を振り返りキャリア上のキーポイントを語ってもらった。
taku_main_

block.fm5周年を祝い、局長☆Taku Takahashiに問う“5”つのキーワード

祝・block.fm開局5周年! 主宰☆Taku Takahashiのもと、国内外のあらゆるダンスミュージックを届けてきた日本随一のインターネットラジオもスタートから早いもので5年が経過。 それを祝し、11月11日(金)には渋谷WOMBにて5周年アニバーサリーパーティが開催されるが、今回はそれに先駆け☆Taku Takahashiにこの5年間を改めて振り返ってもらうことに。
our_ultra_main

突撃インタビュー!俺たち、私たちのULTRA JAPAN!#2

『ULTRA JAPAN 2016』に出演&来場していたアーティストや著名人に直撃する特集第二弾! 今回もまた本誌編集長が『ULTRA JAPAN 2016』の会場で手持ちのスマホで撮影した写真とともに計6組から寄せられたメッセージを紹介。 彼らが選んだ今回のベストアクト、そして今後の『ULTRA JAPAN 2016』に期待することとは……。『ULTRA JAPAN 2016』を改めて振り返る!
komori_main

レッドフー×DJ KOMORI、日米パーティマスター対談!今パーティに必要なものとは?

世界が認めるパーティモンスター、LMFAOの中核レッドフーがDJ KOMORIとコラボ! DJ KOMORIと言えば日本のR&Bシーンを牽引するDJであり、現場の酸いも甘いも知り尽くしたフロアマスター。そんな2人に加え、ラティーファ・ティーが参加し完成したパーティボム“Spotlight”。そのタイトル通り、Spot...
sweep_main

『ULTRA JAPAN2016』に出現した迷彩姿のULTRA SWEEPERS、彼らは一体……

大盛況に終わった『ULTRA JAPAN2016』。 今回は3日間でトータル12万人の動員を記録したが、その大観衆が各国から集まったスーパースターたちのサウンドに酔いしれる一方で、ホスピタリティが格段にアップしたことで会場内における居心地の良さも向上。 “ULTRA PARK STAGE”に新設された“ULTR...
ultra_main

突撃インタビュー! 俺たち、私たちのULTRA JAPAN!#1

『ULTRA JAPAN 2016』の余韻冷めやらぬなか、本祭に出演したアーティスト、そして来場した著名人から続々メッセージが到着。 本誌編集長が『ULTRA JAPAN 2016』の現場で突撃インタビューし、手持ちのスマホで撮影した写真とともにまずは第一弾、計6組のコメントを紹介!