FEATURE

EDM界を席巻する若き帝王 ハードウェルが王者たる所以

2013年に史上最年少でDJ Magランキングの1位を獲得し、翌2014年も首位に選ばれた現王者ハードウェル。 そんな彼が打ち立ててきた輝かしい記録、偉業を紐解いてきたハードウェル特集第一弾に続き、今回は、彼を象徴するビッグアンセムと『Ultra Japan』で見せた至高のプレイを手がかりに、ハードウェルの本質に...

世界が認めたNo.1DJ ハードウェルの驚愕のキャリアとは

EDMシーンの爆発的な拡大は、綺羅星の如きDJたちによる群雄割拠の時代を作りだした。 たとえば、EDMムーヴメントの火付け役となった最大の功労者にデヴィッド・ゲッタや、ムーヴメントをさらに推進させたアヴィーチーやカルヴィン・ハリス、アフロジャック、スティーヴ・アオキやゼッドといったスターたち。そんな彼らの中で、現在頂点に君臨しているのが、ハードウェルである。

世界のチャートから紐解く2014年の音楽事情

|1| 主要音楽メディア編 1年を振り返ると、やはり才能あふれる新しいアーティストからベテランまで実に良作が多かった2014年。年末ともなると、各音楽専門メディアが趣向を凝らした2014年度の各種音楽ランキングを発表しており、音楽ファンを楽しませてくれている。 今回はFLOOR編集部が独断と偏見で選んだ海外...

第57回グラミー賞候補から見えたもの

音楽業界のアカデミー賞とも称される、アメリカで最も権威のあるアワードのノミネート作・アーティストが発表された。 昨年はダフト・パンクが最優秀レコード賞&最優秀アルバム賞の両方を獲得したが、最優秀レコード賞には イギー・アゼリア feat.チャーリーXCX “Fancy” シーア“Chandelier” ...

本人から電話が!? デヴィッド・ゲッタ世界初の最新MV公開

先日、デヴィッド・ゲッタの新作「Listen」がリリースされたが、このたびそこからサム・マーティンをフィーチャーした新曲“Dangerous”の新ミュージック・ビデオが公開。 なんとこちら、世界初の試み、ダブル・スクリーン・ミュージック・ビデオとなっているとのことだが、その全貌やいかに!...

“僕なりのEDM ラプソティ” スティーヴ・アオキ新作に込めた思い

“僕なりのEDM ラプソティ……” “EDMは今後確実に変革があると思ってる……” スティーヴ・アオキが語る今、そして未来 現在のダンスミュージック・シーンにおいて欠かすことのできないDJ・アーティスト、スティーヴ・アオキ。 世界各地で開催されるビッグフェスをはじめ、年間100本を超えるギグに参加し、ここ日...

FLYING LOTUS徹底解剖!孤高の天才を6つの視点から分析

「Los Angeles」「Cosmogramma」「Until The Quiet Comes」とアルバムをリリースするたびにその名声を不動のものとし、音楽やアート、映像の分野で新たなフォームを提示してきたBrainfeederの長を務め、最近ではラッパー名義:キャプテン・マーフィーとしても活躍するフライング・ロータ...

Hyperdub特集1: Hyperdub10周年の歴史を紐解くディスク10選

2014年にレーベル設立10周年を迎えたUKのHyperdub。 記念すべきアニバーサリーイヤーのワールドツアーを、日本4都市からスタートさせると その後丸1年をかけて、オリジナリティ溢れるサウンドで世界中を熱狂させてきた。 そして、10周年の集大成を12月19日に東京、20日に大阪でクロージングパーティとして開...