FEATURE

zedd

“DJはライヴより劣るのか?”その答えがここに。価値観を覆すゼッドが再び!

「DJは、ライヴより劣る」そういった風潮もかつてはあった。 EDMシーンの寵児、ゼッドの単独来日公演で目にした光景の数々は、そんな懸念を取っ払ってしまうパワーがみなぎっていた。 6月4日の出来事は“音楽の価値”の変動か? 「サマソニ」で再来日が決定しているゼッドの偉業を改めて振り返る
jacku-main

スクリvsディプロ!異端児同士がタッグを組んだ『Jack Ü』

音楽シーンの“異端児×異端児”という衝撃的なユニット:ジャックÜがファースト・アルバム「Skrillex and Diplo present Jack Ü」をリリース。 メインストリームとはまったく異なるサウンドを提示しながらも、彼らは常にその先見性と独自性ゆえ時代から求められてきた。 この2人の異端児が掛け合...
avicii

もはや伝説級!アヴィーチーの華麗なるキャリアをプレイバック!

ファーストアルバム「TRUE」の世界的ヒットをはじめ、20代にして様々な伝説を打ち立ててきた男、アヴィーチー。 そんな彼の来日公演がついに開催! EDMのみならず、様々な音楽性をも飲み込んだそのサウンドは、もはや全音楽ファンの注目の的。1年の時を経て実現する今回のステージでは果たしてどんなパフォーマンスを見せて...
chemicalbrothers

本能を刺激する圧倒的享楽感!ケミカルブラザーズが遂に放つ最新作

昨今のダンスミュージック・シーン、そこではEDMが隆盛を極め、世界中で猛威をふるっているが、2013年にダフト・パンクがアルバム「Random Access Memories」でシーンに一石を投じたように、2015年、今度は彼らが立ち上がる。 その名はケミカル・ブラザーズ。決してEDMが悪いわけではない。ただ脈々...
ultra

100人に聞きました!今年『ULTRA JAPAN』に来てほしいアーティストは?

新企画「EDMファン100人に聞きました!」。 これは、スタッフが(マジで)クラブに足を運び、遊びに来ていたお客さんたちに直撃取材! 毎回様々なトピックに関して、EDM、ダンスミュージック・ファンの生の声を伺おうという企画です。 記念すべき第一回のテーマは“今年の『ULTRA JAPAN』に来てほしいアーテ...
minmaltechno

ルーマニアから発信されるミニマル・ミュージックの新潮流New Trends of minimal music originating from Romania

ミニマルとは“最小限”という意味で、芸術分野における無駄や説明的な部分を省きシンプルな形で表現する志向をミニマリズムと言う。いまは亡きスティーヴ・ジョブスが掲げたAppleのデザインに対する哲学も“Keep it Simple”であった。それはデザインをシンプルにすることで作品そのものの本質や魅力をストレートに伝え...
playforjapanagain1

PRAY/PLAY FOR JAPAN AGAIN 日本の力 音楽の力

もうすぐ東日本大震災から4年の月日が経とうとしてます。 編集部内で僕たちが話したのは「自分たちの被災地に対する関心が確実に薄れている」ということでした。 調べてみると、これだけの時間が経過した今でも、仮設住宅での生活を余儀なくされている人は約8万人、震災前に住んでいたところから避難して生活をしている人が約2...