FEATURE

flyinglotus_main

“お前はもう死んでいる”フライング・ロータスの新作に隠された真実

  「このアルバムは、終わりをテーマにしているわけじゃない。これは次なる体験に向けた祝いなんだ。  “なあ、お前は死んじまったんだよ…”っていうんじゃなくてさ、“よう、お前は死んでるんだぜ!”って意味なんだよ」  ― フライング・ロータス   Brainfeederのボス、フライング・ロータス5作目の...
main_sbtrkt_2

現在進行形のグリッチR&B? あるいは…仮面プロデューサーの新境地

  ダブステップやUKファンキー、2ステップ、グライムなどを生んだUKベース・ミュージックの血脈は、00年代を経て、数多くの刺激的なビートの狂宴を繰り返し、いまなお新しいジャンルを産み続けている。いまでは当然のように定着してきたポスト・ダブステップやブロウ・ステップのように。 これから紹介するサブトラクトの...
avi

来日せずともアヴィーチーは聴いておいて損はなし!

現在発行中のFLOOR本誌表紙を飾ったアヴィーチー。10月に予定されていた来日公演が、本人の体調不良のためキャンセルとなった(2014年後半の世界ツアーすべてがキャンセルに!)。 いまや世界一とも言えるアーティストの記念すべき来日を待ちわびていたファンもさぞ多かったことと思うが、事情が事情なだけに仕方ない。今は彼の体...
caddy1

再生数50万回以上! 話題のキャディ・ゴルゴルが初ライヴ

日本初!ゴルフ場で開催される一大ミュージックフェスティバル「Russeluno 14 STRINGS」。 名古屋発のゴルフブランド:Russelunoが主催する今回のイベント。会場となる三重県津市のゴルフ場には、Takkyu Ishino、Tomoyuki Tanaka(FPM)、☆Taku Takahashi、...
public-enemy

StarFes.’14出演のHIPHOP界の重鎮・PE 彼らの名盤を振り返る

ヒップホップ史上、歴史的名盤と言われる「Illmatic」の20周年記念ライヴを披露するナズやエリカ・バドゥの出演も決定し、その本物志向のラインナップがますます話題沸騰中の「StarFes.’14」。ここでは、その中からヒップホップシーンにおける伝説的グループ:パブリック・エネミーをフィーチャー。30年に渡る活動の...
matsuo

90年代R&Bを概観する愛に溢れた音楽論集「松尾潔のメロウな日々」

『bmr』誌などの音楽ライターから転身し、久保田利伸からEXILE まで多数のアーティストの楽曲に携わってきたプロデューサー:松尾潔による90 年代R&B 回想録。 内容は3 部構成で、第1 部は2010 年の松尾が90年代のシーンを振り返る連載コラム。 2 部には、彼の書いた90年代名盤R&B の解説原稿から、ベ...
rusty

世界を席巻中の若きビートメイカー:ラスティが放つ新世代サウンド

デビュー・アルバム『Glass Swards』でUKベース・ミュージック界に彗星のごとく登場し、今も唯一無二のビート・メイキングで世界中を席巻するラスティ。 今作『Green Language』もノイジーかつトランシーなシンセ、うねる重低音、日本のゲーム音楽に影響を受けたというのも納得できるハイパーなサウンドが気分を...
enter

ENTER.の公式日本酒セレクションに「獺祭」と「蒼空」が選出

14週にかけて開催されるイビサ島の人気パーティ『ENTER. by Richie Hawtin』の公式日本酒セレクション“ENTER.Sake”に旭酒造の日本酒ブランド「獺祭」と藤岡酒造の「蒼空」が選ばれた。 本パーティ主催のテクノDJ:リッチー・ホウティンは大の親日家としても知られ、クラブ内にサケ・バーを設置し...
otodama_mainA1

誰もが楽しめるビーチパーティを行うために、逗子海岸はいま

今年、逗子海岸はその様相が一変した。 以前から懸念されていたビーチにおける様々な問題に対して、 行政は大きな決断を行ったのだ。それにより、 日本一規制の厳しいビーチとなった逗子海岸はいま……。 すでに新聞や雑誌、ワイドショーなど様々なメディアでも報道されている通り、今年から神奈川県逗子市では新た...
naniwa

シンセサイザーにフォーカスした国産ドキュメンタリー映画が登場

シンセサイザーをテーマにした国産ドキュメンタリー映画が登場。 電子楽器を扱うドキュメントはこれまでも「Moog」「IDREAM OF WIRES」などの作品があるが、日本を舞台にした映画は今作が初となる。 大阪周辺エリアを舞台に、ミュージシャンや開発者、スポット、歴史など、多方面からシーンの現在を描く。 なお...