アヴィーチーが駆け抜けた“最後の夏”が終わった。

自身の人生を取り戻すため、そして長年苦しんできた健康上の問題を解決するため、今年限りでライヴ活動から引退を表明したアヴィーチー。そんな彼の最後のショーは8月28日、イビサのウシュアイアで行われた。

この最後の公演のオープニングを飾ったのが“Without You”という彼の未リリース曲なのだが、この曲にファンが非公式に映像をつけたリリックビデオがある。

映像はアヴィーチーが世界各国でプレイする模様やこれまでのアンセムのMVから抜粋したカットを用いたもので、名曲、そして壮大なステージの数々を思い起こさせる。
音源はどこかのライヴでリッピングしたものらしく、オーディエンスが上げる全力の叫び声が彼のギグに立ち会える喜びを物語っている。

“Without You”は今年3月、引退表明直前に行われたマイアミの『Ultra Music Festival』で初披露された楽曲で、アルバム「Stories」に続く次作に収録されると言われている。
6月に行われた2日間の来日公演でももちろん、今夏彼は世界各地のギグでこの曲を1曲目に選んでいるが、これはアヴィーチーからの餞(はなむけ)なのだと思う。

avicii

“Without You”は大切な人との別れを経験した人が、それでも前向きに強く生きていくことを描いた歌だ。
歌詞に登場する大切な人とは、普通に解釈すれば恋人や友人、家族などが当てはまるだろう。
だが最後のショーを終えたアヴィーチーはFacebookでこう語った。

「僕がした決断を不思議に思う人もいるだろうけど、みんなそれぞれ違っていて、僕にとってはこれが正しいことなんだ。
ファンのみんな、そして友達、家族、アヴィーチークルー/ファミリーのみんなありがとう」
と。

ライヴ活動から離れるという選択。それはファンにとって、世界中のギグを共にしたクルーにとって、そしてDJとして同じステージに立つ友人たちとのひとつの別れ。

だけどアヴィーチーは音楽活動をやめたわけじゃない。“Without You”然り、新作アルバムだってそうだ。アヴィーチーにはまだリリースしていない曲もこれから作る曲だっていっぱいあるのだ。

ライヴ活動からの引退を「人生で最も苦しい決断だった」と語るアヴィーチー。
ファンも悲しみ、これまで数々のステージをともにしてきた仲間たちも悲しんでいたが、誰もが彼をいたわり、労いの言葉をかけていた。

a

だからいつかライヴが観たいなんて贅沢は言わない。今はゆっくりと休み、また新曲を聴かせてほしい。
そして、またいつの日かどこかのライヴで再会できると信じて。